第45期名人戦リーグ戦
囲碁棋譜COM local 2020/04/02 20:58
序列 棋士 河野 井山 羽根 山下 村川 一力 成績 昇降
1 張栩         × × × 2-3  
2 河野臨 ×   ×     ×     1-3  
3 井山裕太           4-0  
4 羽根直樹         ×     × 1-2  
5 山下敬吾     × ×     × ×   0-4  
6 村川大介 × ×         × 2-3  
7 林漢傑 ×             2-1  
7 一力遼   ×         3-1  
7 許家元         ×   3-1  
コメント数: 8
囲碁棋譜COM 2020/02/25 10:27
囲碁棋譜COM 2020/03/04 11:49
囲碁棋譜COM 2020/03/05 21:02
囲碁棋譜COM 2020/03/18 12:16

 3月19日(木)

井山裕太九段(3勝0負) vs 一力遼八段(3勝0負)

張栩九段(1勝2負) vs 河野臨九段(1勝2負)

dakun 2020/03/21 18:52

全勝同士の首位決戦となった第45期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦の井山裕太棋聖対一力遼八段戦が19日、大阪・梅田の日本棋院関西総本部で打たれ、井山が196手で白番中押し勝ちした。これでシリーズ4勝0敗とし、単独首位に浮上。敗れた一力は許家元八段とともに3勝1敗の2位に後退した。三者とも残るは4局。挑戦者争いのゆくえは7月までに決着する。

 ともに優勝候補同士の大一番は序盤から未知の難戦となったが、井山が各所でポイントを上げて押し切った。午後9時57分に終局。その後、一力と対局を振り返る「感想戦」に入り、同11時5分終了。すべて終えて記者の取材に応じ、「徐々にいい感触になっている。そろそろ結果(タイトル奪取)につなげたい」と話した。

 井山は七冠独占を決めた2017年の名人戦七番勝負のあと、タイトル防衛戦に明け暮れてきたが、現在三冠まで後退。しかし最近は復調傾向にあり、反転攻勢の舞台に名人戦を選んだ。3年ぶりの名人返り咲きに向けて、視界は良好だ。

 リーグ戦はこの日、東京・市ケ谷の日本棋院本院でもう一局打たれ、張栩九段(40)が河野臨九段(39)に232手で白番中押し勝ち。張は2勝2敗と星を五分に戻し、河野は1勝3敗と苦しくなった。

囲碁棋譜COM 2020/04/02 18:54
コメント: