「通せんぼするのか」 依田九段、対局場で押し問答
囲碁棋譜COM player 2020/02/14 01:58
囲碁の日本棋院を不当に中傷したとして、12日に半年間の対局停止処分となった元名人の依田紀基九段(54)が13日、東京・市ケ谷の日本棋院に現れて対局場に入ろうとし、入室を阻止する棋院の幹部と押し問答になった。  もともとこの日、依田九段は囲碁七大タイトル戦の一つ、天元戦本戦1回戦の対局が組まれていた。前日の対局停止処分により棋院は不戦敗と決めていたが、依田九段は開始時間の午前10時前に棋院に登院。エレベーターで対局室がある7階に上がった。同フロアで大淵盛人常務理事(54)が処分通知書を渡そうと待ち構えていた。  依田九段は「僕に連絡がなかった。正式な手続きを踏んでるんですか」「僕は手合(対局)に来てるんです。通せんぼするんですか」と抗議。大淵理事は「通せんぼもなにも、決定事項です。(通知書を)お受け取りください」と譲らず、他の対局も打たれている中、押し問答は約30分にわたった。  最終的に依田九段は通知書を受け取った。「処分の具体的な説明が何もない。近く僕のほうでも記者会見をします」と話した。
コメント数: 0
コメント: