芝野挑戦者「岐阜で好感度上げたい」
芝野挑戦者「岐阜で好感度上げたい」 囲碁名人戦第3局前夜祭

張栩名人に芝野虎丸八段が挑む第44期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第3局が17日、岐阜市の「岐阜グランドホテル」で始まる。ここまで両者1勝1敗のタイ。

岐阜県での対局は、芝野と同じ当時19歳の挑戦者だった井山裕太・現四冠(30)を張名人が迎え撃った2008年の第3局以来。このときは張名人がシリーズ初白星を挙げてタイトル防衛の足がかりとした。

16日の前夜祭には現地の関係者ら約70人が集まり、歓迎した。挑戦者は「3局目だからもう慣れたでしょと言われますが、3局目ともなると挨拶のネタもなくなって困ってます。岐阜には初めて来たのですが、タイトル戦だと観光する暇がないようなので、今回勝って好感度を上げて、また来たいと思います。」と話し、会場の笑いを誘った。名人は「1、2局目の内容は反省すべきところがいっぱいあって、まだまだ満足のいく内容ではなかった。明日からもっといい内容の碁を見せられるように頑張りたい」と述べた。

午前9時開始。持ち時間は各8時間で、18日夜までに決着する。立会人は羽根泰正九段。

関連棋譜

最新ニュース

2019.10.21

第45期天元戦5番勝負第2局

井山1勝でタイに

2019.10.17

第59期十段戦

仲邑菫初段が予選2連勝

2019.10.15

第21回農心杯第1戦

日本チーム先鋒の村川が敗れ

2019.10.15

第6回おかげ杯国際精鋭囲碁対抗戦

日本チームは3位

2019.10.12

第4回夢百合杯世界囲碁オープン戦3回戦

一力がベスト8進出!