許が勝ち最終局へ
第44期碁聖戦 許が勝ち最終局へ

許家元碁聖(21)に羽根直樹九段(42)が挑戦している第44期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)5番勝負の第4局は9日、名古屋市の日本棋院中部総本部で打たれ、午後6時10分、133手で許碁聖が黒番中押し勝ちし、対戦成績を2勝2敗として決着を最終局に持ち込んだ。

終盤、右辺で激しい攻防となり、許碁聖が羽根九段の大石を仕留めた。

カド番から連勝した許家元碁聖は「自分らしい碁を打ちたいと思います」と語り、追い付かれた羽根直樹九段は「第3、4局は内容が悪かった。第5局はいい碁を打ちたい」と厳しい表情でした。

第5局は23日、東京都千代田区の日本棋院東京本院で行われる。

関連棋譜

最新ニュース

2019.08.16

京大医学部卒「一度目指した医師の道へ」

坂井元碁聖9月から休場

2019.08.15

第9回世界囲棋巓峰対決

中国の柁九段が優勝

2019.08.15

第45期天元戦

許が挑戦者に

2019.08.12

女流本因坊戦

鈴木歩が挑戦者決定戦決勝進出

2019.08.08

初の七大タイトル挑戦

芝野が名人挑戦権獲得