芝野が名人挑戦権獲得
芝野が名人挑戦権獲得 初の七大タイトル挑戦

第44期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)は8日、同星首位によるプレーオフが打たれ、芝野虎丸七段(19)が河野臨九段(38)に208手で黒番半目勝ちし、張栩(ちょうう)名人(39)への挑戦を決めた。芝野は規定により、9日付で八段に昇る。七番勝負は27日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開幕する。

10代の名人挑戦は、2008年、19歳3カ月で当時の張名人に挑戦した井山裕太四冠(30)に次いで2人目。このとき井山は張に敗れており、今期19歳9カ月で七番勝負を迎える芝野には史上初の10代の名人がかかる。張との対戦成績は4勝1敗と勝ち越している。芝野が七大タイトル戦に挑戦するのは初めて。プロ入りから4年11カ月での挑戦は史上最速となる。

神奈川県相模原市出身。幼稚園児のころ、ゲームプランナーの父が購入したソフトで囲碁を覚えた。

関連棋譜

最新ニュース

2019.12.09

第45期天元戦五番勝負

2勝2敗に戻す、18日に最終局

2019.12.09

第7期会津中央病院・女流立葵杯予選

仲邑菫初段5連勝

2019.12.06

名人就位式

「チャーハン半分」の秘話

2019.12.03

第21期阿含・桐山杯日中決戦

張が初優勝!

2019.11.29

第67期王座戦

芝野虎丸が最年少二冠

2019.11.26

第21回農心杯第9戦

楊の8連勝阻止、日本チーム初勝利